今は元気な猫も、いつかは必ず老いるもの。

飼い主

猫といつまでも楽しく生活するために飼い主にできることはなんだろう?

今回は、近年の猫の寿命の傾向や、シニア猫と過ごす上で大切な心構えなどについて解説します。

猫の平均寿命は年々伸びている!

  猫の平均寿命は年々伸びている!

かつての猫の寿命は、

などと言われていましたが、室内飼いが主流となった昨今、猫の寿命は年々伸びていることがわかっています。

猫の平均寿命一覧

日本ペットフード協会の調べによると、2021年の猫の平均寿命は、

という結果に。

全体の平均寿命は15.6歳で、10年前の平均寿命に比べて1.30歳寿命が伸びているそう。

猫が歳をとるスピードは、人間の約4倍と言われていますので、人間で言うと5歳ほど平均寿命が伸びたということになります。

飼い主

人間の寿命は、ここ10年で3歳伸びているから、それを上回る結果になっているんだね!

猫も「高齢化時代」が到来している

猫の寿命は年々伸びている

猫が10歳を超えるのが当たり前となった今、猫社会にも「高齢化時代」が到来しているようです。

現在飼育されている猫の寿命の約30%は10歳以上というデータが出ており、人間だけでなく猫も高齢化が進んでいることが伺えます。

猫の高齢化は何歳から?

  猫の高齢化は何歳から?

国際猫医学会ISFM&全米猫獣医協力会AAFPが2010年に発表した、猫のライフステージは以下の通りです。

猫の11歳を人間の年齢に換算すると、およそ60歳。

人間では「シニア期」と呼ばれ、老化による不調や病気が増え始める時期です。

歳を取る猫のイラスト

愛猫が11歳を迎えたら今まで以上に細かなケアや検査を行うようにしましょう。

飼い主

健康診断の回数は、年2回に増やすのが理想!

猫の老化に気づくポイントは?

  猫の老化に気づくポイントは?

一般的に、猫は10歳前後から、筋肉の衰えや免疫力の低下、食欲低下などの老化の変化が見られはじめます。

猫の老化の変化は、

に表れやすく、皮膚や被毛には変化が現れにくいと言われています。

そのため、外見からは老化が分かりにくいのが特徴です。

猫の老化で見られる兆候

14歳ごろまでは、行動が落ち着いてくるくらいで、見た目の変化はほとんど感じられないかもしれません。

15歳以上になると、体の衰えや目の変化などが目立つようになり、猫によっては認知症の症状が出ることも。

日常的に猫の健康状態を観察し、年齢に合った接し方をするように心がけてくださいね。

かかりつけ医を見つけておくことも大切!

  かかりつけ医を見つけておくことも大切!

猫は、体の不調や痛みを我慢してしまう動物です。

猫の老化が分かりにくいように、病気の進行も徐々にやってきます。

猫の些細な変化に気づくためには、飼い主の日常的な観察も大切ですが、獣医師さんによる検査も必要です。

信頼できる獣医師を見つける

とくに、重要なのが健康な状態で健康診断を受けておくこと。

通常のデータを知っておくことで、些細な変化にもすぐに気づくことができ、病気の早期発見・治療につながります。

また、子猫の頃から動物病院に慣れさせておくことで、体調が悪くなったときにストレスをかけることがなくなります。

飼い主

若いうちから、頼れるかかりつけ医を見つけて、ご長寿猫を目指そう!

こちらの記事もおすすめ

【2024年4月最新】猫思いの全自動トイレが誕生!
【2024年5月最新】猫思いの全自動トイレが誕生!
【体験談】これって「ねこねこネットワーク」の仕業?
【体験談】これってNNNの仕業?愛猫との不思議な出会い
猫の写真を撮るコツ
猫好きインスタグラマー直伝!スマホで猫を撮る6つのコツ
グランツキャットフードを愛猫2匹が実食!口コミや魅力もご紹介
グランツキャットフードを愛猫2匹が実食!口コミや魅力もご紹介
退去費用が高額に!賃貸で猫と暮らす際の対策5選
退去費用が高額に!賃貸で猫と暮らす際の対策5選
福岡|猫可物件の家賃相場は?物件を探す際のコツも解説
福岡|猫可物件の家賃相場は?物件を探す際のコツも解説